2011年09月21日

西郷隆盛惜別譜演奏会のお知らせ


いよいよ、9/24は南洲翁の命日です。

例大祭は南洲神社で、9/24(土)AM10:00から行われます。。。


そこで、前日の夜、、毎年恒例となりました、下記の行事を行います。
史実に基づきますれば、西南戦争終結の地、城山を取り囲む官軍が、
その最期の夜に、西郷以下の数百名が立て籠もる城山へ向かって、
官軍音楽隊が西郷達に惜別の演奏をしました。。。

雨上がりの鹿児島城下に、音色が響き
その時を覚悟した武人達の
むせび泣きを誘いました・・・


宜しければおいで下さいませ。。勿論。。無料!!


平成23年9月23日(金)18時
於 南洲墓地


西郷隆盛惜別譜演奏会


明治10年9月23日夜、城山に立て籠もり

最期の夜と覚悟を決めたる西郷隆盛以下300余人。

総攻撃を明朝に控え、

雨上がりの静まりかえる鹿児島城下に

響いた音色は、官軍軍楽隊による西郷隆盛への

惜別の演奏であった。


”吾は官軍我敵ハ 天地容れざる朝敵ぞ

敵の大將たる者ハ 古今無雙の英雄で…


日本国内最後の武力衝突である西南戦争の最期の夜を、

西郷南洲翁の墓前にて再現します。


演奏曲目

 ●ショパン作曲 
 ピアノソナタ第2番「葬送行進曲付」
 海上自衛隊の儀礼曲の第9曲の「葬送式における棺の儀じょうの場合」
 演奏される「葬送行進曲」

 ●ヘンデル作曲 
 オラトリオ「ユダス・マカべウス」の中の「見よ勇者は帰る」
 海上自衛隊の儀礼曲の第5曲の「得賞歌」
 大相撲の優勝者表彰式で演奏される曲。

 ●その他数曲演奏


第43普通科連隊音楽部(都城駐屯部隊)による演奏です。



130数年の時を越えて
かつてこの国を誰よりも愛し、
日本の未来に「誠」を捧げ、
激動の時代を生きた西郷隆盛に捧げる、
美しいメロディー。

敵味方の境を越え、
万感の思いを込めた偉大な魂の鼓動が、
胸に迫ります。

現代を生きる私たちの鼓動と旋律が重なる今宵、
東日本大震災被災者の魂の安らかなることを祈ります。

また、自らを律し国を守り、
先の震災で尽力された自衛隊の皆様の
「誠」に敬意を表し、
演奏して頂ける誠に、
心より感謝を申し上げます。




演奏終了後は、鹿児島龍馬会と合同で、
「龍馬の恩返し〜西郷隆盛公の威徳を偲ぶ提灯行列」
を行います。
どなたでもご参加頂けます!
こちらも、奮ってご参加ください。

*演奏終了後、境内から西郷誕生地まで
 出発予定 18:30〜






posted by BOSS at 13:06| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。