2012年12月26日

いろは歌イベント雑記


12月22日『あなたも好きになる日新公いろは歌』には、
多数の皆様にお越し頂き、誠にありがとうございました。

お陰様で、誰に聴かれても私は「120%の出来でした!」と、胸を張って言えるイベントでした。。

そもそも、『第11回全国藩校サミット鹿児島大会』のプレイベントとしての位置付けで企画した今回。
企画立案から準備・運営まで、サミット実行委員会に所属する学生委員メンバーでやり遂げました。

うーん、、これが大事。。
学生達は実に素晴らしかった。。


元老院の長老のような皆様や(笑)社会人委員は、アドバイスはしても誘導にならないように、極力気をつけて、学生諸君の自主運営を見守るスタンスでやってきました。

うーん、、そのつもりでした。。
学生達も理解し頑張りました。。


イベント前日まで、私も不安でしたが、いざ、幕を開けたら、、、充分な出来栄えでした。。
学生による手作り感いっぱいの楽しい内容で、客席も温かく見守るような雰囲気。
ここまで、会場が一体感を持てれば、充分と感じました。。。

うーん、、満足。。。
学生達も満足と思っていました。。


そう、イベント終了後の事件までは、幸せ一杯。胸一杯の満足感。
終了後に行われた、藩校サミット顧問会議での一言があるまでは、本当に幸せでした。。


そして、事件は会議室で起こりました。

顧問会議での勇気ある若者の発言にビックリしました。。
勇気あるバカ者と一喝したいくらいビックリしました。。

「学生ばかりの素人に任せっきりで某学生リーダーだけ苦労して可愛そう!」
「チラシ制作もプロのデザイナー(ちなみに名指しで私^^;)が居るのに手伝わなかった!」
「実行委員会の体質に問題あるのでは!」

こんなそんな、意見を述べられました。。。


まったく、意外な意見にボー然。
『学生の自主性を尊重し・自律の精神を鍛える』そんなテーマだからねえ・・・
とか、そんな綺麗ごとが言える大人よ〜と、反論出来るのですが、
反論する気にもなれないくらい私は悲しみと憤りを感じました。
もちろん、その場でそれを言っても、
「そんな綺麗事で済ますのか」って、一蹴されるみたいな相手を前に、黙っていましたが。

ホンとに頭にきました。

頭の血を引かせてからは、最後は、もういいや状態で、コレって無かった事にしてくれ・・・
これまでの行動を白紙にしたいような状態になりました。。


確かに誰かに負担が行き過ぎて、その方が大変な思いをしたのは事実としても
「一人で孤軍奮闘した!」って、言えば、、それを声高に言えば、、最低なののしりで他者をこき下ろせば、、、

他の学生メンバーはどんな気持ちになるでしょう。

皆で一緒に一生懸命やってきた仲間の行動を、非難することにならないかい?
もう一方の一緒に頑張ってきた仲間達への侮蔑にならないかい?

他の学生仲間に悪いと思わないのでしょうか?

社会人の私への誹(そし)りは甘んじて受けよう。
しかし、学生達への誹りに対しては、モノ申す。。
優しく良心的な学生を守るためなら、モノ申す。

いや、ブログに書いてるようじゃ、モノ申すとは言えないが^^;
しかし、実際リアルにモノ申せば、若いモンを糾弾するみたいになるし・・・。

でも、面と向かって言いたいよ!
キチンと対峙したいよ!

でも、その相手も学生だし、、
大人気ないし、、弱ったな・・・。


そうだ、こんな場合の呪文を唱えよう。。
黙ってやり過ごせる為の呪文を唱えよう。。

『だって、、、オレ、、、大人だもん。。。』(笑)



いろは歌学生写真121222DSC_0688.jpg


いろは歌新聞記事121222DSC_0693.jpg

















posted by BOSS at 16:00| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会合・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。