2013年06月19日

詩人にて幸甚に存じます


FBにかまけてすっかりブログおざなり状態の、ど〜も私です^^;

しかしFBも私の周りでは、すっかり飽きてきた方々が出始めました。
ミクシー後期を思わせるような投稿の少なさ・・・笑

いやまてよ、本当に飽きたのかどうかは判別しにくいな・・・
単に私が友達少ないだけだったり^^;
単に私が飽きたから皆もそのはず!と思ってるだけ?

まだ判断は難しいですな・・・

ミクシーと違って足跡残らないFBなら「見るだけ透明人間」
もしくは「家政婦は見た」!
みたいな覗き魔的な人々に変質した可能性もあるしな?
いいね♪すら押さない素通り通行人も(私も^^;)増えたかもな?


という事はFBの場合、常に誰かに見られてるかも?
の意識で書くべきなんだろうかとも思う。


という事で「自分のFBは誰に見られているんだろ〜」ドキドキ!
のプレッシャーで、めんどくさくなった方も居るやもしれぬな!

個人情報駄々漏れ状態のFB上は慎重になって然るべきかも!と、
FB特性に今頃気づいたから慎重に書いてます!
って上級忍者のように隠密行動に変わった方もいるかもね?笑

さてさてFBってまだまだ盛り上がるのだろうか???


最近のニュースで、、
総理がFB上で政敵に対して攻撃してけしからん!
相手は官僚引退したから私人であり口撃に反撃したらけしからん!
野党の批判をFBでかわして記者会見で話さないのはけしからん!

なんてマスコミが騒いでたが・・・
はたしてこんな戯言、納得する人が居るんだろうか?


私人もTVでしゃべる・新聞に政治的意見を述べる、その段階で公人じゃないの?
しかも外務省上がりで歴史の一幕に立ち会った経歴の方が私人か??

総理がマスコミで話すよりFBが使い勝手良いから使う。
それのどこがいけないのだろう??
記者会見したとて解釈違いの記事にされるなら、
自分の筆で書きたいって思う気持ちのどこが悪い?

堂々とスキ?・キライ!
ソウ?・チャウ!
アカン?・オトン!
(ココ笑うとこですよ・・・)

こんな風に田舎のオカンもオトンも納得するような
(オカン連中はFBしないが^^;)
判りやすいスカッとした物言いで、、、
自分の言葉でしゃべる総理こそ国民は求めてたんじゃなかった?

官僚のスピーチ原稿から顔も上げずに、
しゃべるんじゃなく読むだけの人に飽きてたんじゃ無かった?

いざ、正直に内面を吐露すると「物議」と言うが、
正直に正面から物言う政治こそ「正治」正しく治めることではないだろうか?


今日も昼間のコメンテーターが、言ってたけど、
(しかも肩書きITコメンテーターだった、FB話題だとコンナ方が出るな〜)

「総理はいいねを押す味方だけでなく政敵もFB見てることを、
反総理派も見ている事も意識して書くべきである」と・・・。

また「公人であるからFB使って人をけなしてはいけない」って・・・。
ホンとに的外れなご意見を言えるもんだと笑ってしまいます。

FBやるからには、マナーがあって、中傷はいけない!
総理もそんなこと百も承知でやってるはず。
これは先に中傷されたから、その「反論」であって、
敵も味方も関係なく「自分はコウ思う。」これをベースに総理あ書いているはず。

さらに公人と私人は違うって?どこが違う?
公人も普通の人々も誰だって「自分」を出す、それがFBのはず。。。
ですよね??

文中「総理」を「自分」と置き換えても良いくらい普遍的なFBのテーマだと思う。
FBの上で公開範囲を全開にしてる段階で、見られて・読まれて・覗かれて、、、
それが困るようならやらなきゃ良いし、
困らないから素の心をオープンにしているのである。。


主張したいことを主張したいタイミングで話せる良さがFBなら
それを利用して心の中を見せれば良い。。。

見られたくない心は、そっと鍵を閉めて隠せば良い。

ただ、それだけのこと。


最近、私の周りで静かになった感があるFB仲間も
他人の心を覗きながら笑い・苦笑し・泣きながら、、
他人の心に寄り添いながら、、
でも自分の心は見せたくないな〜と、気づいただけでしょう。


そもそも文章の幼稚さでウケたり、その幼稚さで誤解招いたり、、
色んな体験して自然と、書き手と読み手に分かれていったのでしょう。


私は、はやり廃りでFBやるんじゃなく、自分の書きたい・伝えたいを大切に
これからもFBと付き合おうと思った。。。


しかも、それをFBでなくブログに綴った笑

なんじゃこりゃ。。。





posted by BOSS at 17:36| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

マスコミと違って民意は正しい


衆議院総選挙感想
『マスコミと違って民意は正しい』

朝からマスコミが、選挙制度が悪いとか、消極的な選択肢での勝利!とか、
あくまでも現実を分析する能力を持たず、国民が下した結果に対してバカを言い、ケチを付けている。。
本当に国民はバカなのか?
今回の民意は正しく無いのか???


人として

脱原発当たり前。
人の手に負えないモノを残す愚は、ありえない。。
要は次策を持って・脱原発へのシナリオを遂行できる能力のある党を国民が選ぶかどうか?
口先だけの脱原発だけの党に踊らされなかった、民意は正しい。


親として

子供を他国に奪われて奪還どころか、進まぬ交渉力の無さを露呈する党は選択肢にない。
拉致と言うな「誘拐」である。犯罪である。
影でカネや見返りを約束するような交渉をせず、世界中に判るように身代金を払ってでも、警察が軍隊が踏み込んででも取り戻し犯罪は解決すべき事。
親と子の悲しみを放置しながら、在日の権利だけは優遇を続ける党に選択肢はない。。
領土を奪われ脅かされながら、スワップや経済援助を膨らませ、他国に議員詣でで記念写真で喜ぶ他国の議員のような存在は選択肢にない。
毅然とした強い党を望むは必然。民意は正しい。
ただし、不法占拠を続ける他国との間のトンネル作りとか、愚かな企てに署名するような議員が当選した鹿児島の民意はお粗末だが。。。


子として

こども手当てと称したカネで、民意を操ろうと二度までも愚作を労されても、子も学習する。
いじめ問題を放置するような教育委員会を、さらに放置し守るような党に選択肢はない。
騙されない民意は正しい。


自営業者として

経済を立て直そうとしないで借金と言う名の札ビラばら撒く経済音痴で、「コンクリートから人へ」と公共工事は悪と言い放ちながらも、東北の人を見捨てる、復興支援もままならない党にうんざり。
官僚支配を正す振りして支配される幼稚な頭に、経済を任せる選択肢はない。
実績を実行を期待し「実」を上げるかもしれないと予感させ、国民に痛いことも言いながら、真の経済言語を操る党に任せてみたいと思う、民意は正しい。


有権者として

第三極と称しても無党派層をまとめられず投票率を上げられない党。
変える選挙と言いつつ自分本位の議員地位の保全の為の野合に走った党の乱立。
見苦しさを見破る民意は正しい。


しかし、、大事な日本の未来を決める選挙なのに、こんなに投票率が低い選挙にした点だけは、

この国の民意は恐ろしく低い。。。



posted by BOSS at 11:28| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

議論と詮議

本業の忙しさにプラスして、毎日のように会合・勉強会などの類で神経をすり減らす。

ビジネスに関わる会合だけでなく、ボランティア的な会合も多く、時間を割きながら、
『こんなことしている場合か?自分自身をボランティアしてちょ』
みたいな愚痴も出そうな状況だ。。

勿論、その会合が実り多き場合は、疲れも心地よく、終わった後の酒も美味い。。

しかし、最近、やたら忙しく各種会合を選別せねば全てに出席じゃ身がもたない。
だからこそ、出た会合では何かしら発言し、よく聞き、思考し、考えを整理整頓する時間にしたい。
脳のインプット・アウトプットを上手く機能させたいと思うものだ。。。


さて、鹿児島の「郷中教育」には、『詮議』というものがある。
二才(にせ)衆の、思考訓練の術として行われている。
詮議とは普通「取り調べる」とか「詳しく調べる」という意味だが、
ここでいう詮議は、わか衆の知力・判断力の養成を目的にしたものである。

禅問答に似ているようで、違う。。。
私も勉強不足であり、はっきりと語れないが^^;
たぶん違う。。。

さらに、知力・判断力の養成というだけでなく、薩摩の武士は、善悪を瞬時に判断し、
即、行動に移せる人格を養うことを、目的としたのではないだろうか??
すなわち判断には、必ず行動が伴うのではなかろうか。。。


各種会合で詮議する。
異なる年齢で詮議する。。
ボランティア団体でも、議論する。。
自身の修練の場と思いきや、議論する。。

議論と詮議、キライではありません。。
しかし、昨日の詮議は散々でした^^


『委員長!それは違う!』と、言いつつも、、言ったら最後、役目が回ってくる。
それが嫌で、途中から詮議を降りてしまいました。。
本業が忙しいを自身に言い聞かせ、これ以上の異常を避ける。。
経営者として正解か?人として失格か?


勿論、詮議にならない頑固親父の集まりであることも一因です(笑)
私を含め、大局にあって足元は見ない、、あるいは、大儀の前に小儀は捨て置く、、
そんな、幹部連中の会議では、よっぽど事務方が丁寧に段取りを組まなければ、物事は進まないものです。。

しかし、最近は黒子的な事務局員がどこにも居ない。
みんな主役の1人劇みたいにモノ申す。
段取り八部の世界にあって、皆が主役じゃ、幕は開かないよ〜。。。
ってことは、私が黒く黒く、どこまでも黒く泥をかぶった黒子に徹すればよいのだが・・・

それも疲れる^^;


重責を担う委員長の肩の荷を軽減させてあげたい。事務局長の煩雑ぶりも見逃せない。
しかし、私もこれ以上無理。
さらになんと言っても、私以上に適任者は居るし、まだまだ何をしていいか判らずに、
役目の御下命が下るのを待っている、その他、大勢の委員が居るのです。。

私は、これ以上無理。。

予算の執行前に、厳密な予算立てを進言しても『なんとかなるさ』の雰囲気では無理。。
一般企業の経営的手法で行われないボランティア団体は、きっと行き詰ります。
行き詰まりを座して見ている程、暇ではない。

動くか、、降りるか、、今、、自分の心と詮議中。。。



posted by BOSS at 11:31| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

がんばろう!日本!


東日本大震災にて、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

お亡くなりになられた方々に、心よりお悔やみ申し上げます。



一昨日まで普通に笑い暮らし、家族・友人と共に暮らしていた、
本当に普通の人々が、一転して悲しみの奥底に、
閉じ込められたような今回の震災。


テレビ画面では、映画のような特殊撮影され加工されたような、
今まで見たことがないような、現実離れした光景が映し出されています。

これが全て現実と感じるまでに、脳の機能が現実を認識するまでに、
相当な時間が掛かったのは、私だけでは無いでしょう。。


認識して、現実と判って私は、とっさに甥っ子の安否を確認しました。
甥っ子は幸いに・・・。。。


全ての方々が、報に接し、私のように一番身近な方の安否確認を
行ったことでしょう。

そして、幸いと災いに分かれ、幸いを確認した後に、
災いの小さな事を祈られた事でしょう。。。



自然の前に人は無力である。。。



たくさんの方が、昔から、言っていました。
繰り返す自然災害の中で、言ってきました。。

しかし、我々はその度に立ち直ってきたのも事実です。
先の、阪神淡路大震災でも、新潟中越大地震でも、、、
私達は、復興を遂げてきました。。。


がんばろう!日本!


がんばろう!日本!キャンペーンを、今、この時から、始めます!

個人、一人だろうと、想いを大きく強く、念じて、始めます。

がんばろう!



一人の想いでも、たぶん皆が同じ気持ちなら、大きなキャンペーンと
なるでしょう。。多くの同じ想いの方々がたくさんいるのが「日本」だから。




昨夜も、テレビ局から明日(3/14)からCM放送を再開します!
という報告が着ました。彼らテレビ局のクルーも連日徹夜で頑張っています。

そして、私からクライアントにCM放送の再開の是非を打診すると、
そのクライアントは、夜中にも関わらず決断を瞬時に下しました。

『人として、このような時期にお祭り騒ぎのフェアの告知は、如何なものか・・・今回は、見送ろう!』

そして、

『判断の機会をくれて、ありがとう!』

とまで言ってくれました。


新幹線全線開通に合わせた、鹿児島の黒の食材の次の柱にしようと、
練り上げた「桜鯛フェア」の告知を、瞬時に取り止めた英断。。


私も、この社長も含めて、一人ひとりが「がんばろう!日本!」の、
キャンペーンを、もう既に始めています。


キャンペーンに決まりもスタイルもありません。。


どうか、皆さんも、各自、ご自身のスタンスで始められんことを、
お願い申し上げます。。。


もとい、キャンペーンに決まりもスタイルもありません。。

だから、お願いします!なんて、私が言うべきものでも、ありません。。。



必ず復興しましょう。信じましょう、日本を。

信じましょう、日本人の心を。。。


がんばろう!日本!



posted by BOSS at 12:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

売上と利益

今月は28日しかない!!

あービックリした!!


私だけでなく、世間様、みなそうなんでしょうか?

という事で、月末恒例、一番苦手な事務仕事やってます。
今月の収支を計算して請求書作って・・・
毎度の事ながらナーバスになって・・・

あー(ため息)

売上は良いです^^
お陰様で白いご飯、食べれます^^
ありがたいことです。。


しかし、考えなきゃいけないのが、いっぱいあるからナーバスになります。
ため息でます。

だって、28日しかないところを、倍ぐらい働いて、
そして、前出の言葉「売上は良いです」って^^;
これで本当に良いのか。。

売上高でなく利益?
いや仕事の質の問題です。
今、それが出来ていません。。。


仕事の質にあった利益。
そこを追求しなければ、働く意味が見出せません。

お仕事して代価を頂きます。ごく当たり前のことです。
もちろん、時間いっぱい掛けたから、いっぱいください!
って言ってる訳ではありません。

良いお仕事したら、より多く代価を頂きたく候。。

ええ、ちゃんと良いお仕事いたしますから^^;


適正価格、なんてバカなことは言いません。
だけど、適正な仕事の質って、あると思うのです。。
適正な仕事の「質」に適正な代価を。
そんな想いで今月も請求書を書いております。

クライアントさん、ありがとうございます^^
ちゃんと受け取ってね^^;



ところで、世の中、全てが価格破壊という言葉で単純に「安く・適正価格で」
なんて、言っていますが。
適正な価格って、いったい誰が決めるのでしょうか?
そもそも適正価格って何??

他者や他社が最安値を付けた価格が適正価格でしょうか?
違いますよね??


ロバのパン屋さんが、軽のワゴン車でアンパンを売っています。
1個100円。

ラバのパン屋さんが、ベンツでアンパンを売りに来ました。
1個10,000円。

ベンツで売ってるから、原価高いのよ〜。。
って誰が、ラバのパン屋さんのパンを買うでしょう??
ベンツという設備投資なんて消費者には関係ありませんもんね。。

でもね、小麦は国産。小豆は十勝産。石窯で焼いて。店員はイケメン。
全ての価値が勝っていたら、買う人もいるかもしれない?

例えそれが、相場から外れていたとしても。。。

価値に見合った価格。それが適正価格というものでは?
もちろん、それを欲する人がありきで、適正価格と言うのでしょうが。



適正な価格で

真心込めた請求書。

貴方に届けます。。


もちろん、良いお仕事の「質」を込めた後で。。

もちろん、ベンツでは仕事しません。
国産です^^;


posted by BOSS at 21:34| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

『祈り』


 所属するNPOの会報誌編集印刷が終わり、ホッと一息。。

事務局の専務理事から、ご褒美に天ぷらをご馳走になりました。
ボランティアで集う中、こんなご褒美、頂いて恐縮です^^;
ご馳走様でした。。


総会後の会報ゆえ、決算書やら盛りだくさんの内容でした。
その中でも、大先輩方の会員寄稿文には、毎回、うなりどころ満載です。。

人生を濃密に生きる!

濃密に生きてきただけで、考え方や文章に、
その方の人生が切り取られています。。
文章の旨い下手など関係ない、奥深さが表現されます・・・。


私もココのところ、巻頭コラムを任されてますが、
締め切り直前しか筆の進まぬ小生にとって、
毎回、やり直しきかぬ紙媒体は、
後悔の念に悩まぬように、念には念を入れるべきなのに・・・。

後の祭りだ!フェスティボー!

人生の薄っぺらさがにじみ出ます。。。



 ―西郷隆盛公奉賛会会報誌2010年夏号・巻頭コラムより―


         『祈り』

 私事で恐縮ですが、宮崎出身でるため、
宮崎の口蹄疫問題に悩まされている親戚知人が数多くいます。
一連の作業の様子を疲弊し切って話す、
JA職員である知人の言葉に胸を痛めます。

家畜とは本来、もっとも家に近い、家族に近い生き物である、
と語る姿に一刻も早い終息を祈らずにはいられません。

作業現場には常に涙があふれているそうです。
穴の傍らで泣きじゃくる農家の皆さん。
涙目で重機を操り作業を進める職員達。
涙流して歩を進める動物達。

ある現場では、生きたまま穴まで牛を誘導して、埋めて・・・。
夜中になると溜まったガスが土中で「ボンッ」って音を立てるとか。
本当に胸を締め付けられます。
 
 元来、私たちの為に生き、そして死んでいく家畜の定めならばこそ、
その死がこんな無残な死であってよいわけがなく。
手を合わせ祈らずにいられません。

 そして、祈りながら考える。
生きとし生ける者に幸福を与える(与楽)のが慈であり、
不幸を抜き去る(抜苦)のが悲であるなら、
慈悲の心を、慈悲の行いを、人に限らず全ての生き物たちに捧げたいと。


2010年夏編集



posted by BOSS at 12:22| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

良いニュース・悪いニュース


良いニュース
悪いニュース

どっちを先に聞きたい??

よく電話でこんなやり取りから始める取引先が居ます。
ええ、おおかた、相手は広告代理店さんかor局の方です^^;

どちらかと言うと、片っぽだけで済ませたいのですが・・・。



『悪いニュース』


宮崎の知人が口蹄疫に関する作業の為に疲弊し切っています。。。

生きたまま穴まで牛を誘導して、生きたまま埋めて・・・。

夜中に,
ガスが溜まるのでしょうか?
土中で「ボンッ」って音がするそうです。。。


傍らで泣きじゃくる農家の皆さん。

涙目で作業を進める職員達。

涙流して歩を進める動物達。


本当に胸を締め付けられます。。。


口蹄疫の拡大を懸念して、あるイベントの開催が危ぶまれています。
私もちょこっと参加させて頂くお仕事です。

長い期間、準備作業に追われながら、目前になって中止か否かの
判断を迫られるスタッフの皆さんの心中はいかに・・・


世界的にも有名になったイベントなので、もし最悪中止の場合、
海外から来鹿予定の方々にとっても、迎える方々にとっても、
たいへん残念な事です。。


できれば何とか開催できればと思いながら・・・

畜産県として苦渋の選択を迫られています。


こちらも胸が締め付けられます。




『良いニュース』


先日流した某社のテレビCMを、偶然見られた他社の社長さんから、

『とっても良いCMですね!どちらの制作会社で作ったのですか?』

と、弊社のクライアントさんに、問い合わせがあったそうです^^

思わずガッツポーズ!したのは言うまでもありません^^;



小さな感動を

小さな微笑を

小さな幸せを

小さく紡いで

小さな心を満たしたい



すべからく世が、良いニュースで満たされますように・・・。


posted by BOSS at 10:44| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

政治と金と想い

すっかりニュースが、小沢さんに乗っ取られましたね。
どの時間帯も、どのニュースも「小沢・おざわ・オザワ」


さて、そんな中、ある市議さんのパーティーに呼ばれてきました。

市政報告会の中身は、和太鼓演奏から始まり、
ジミーさんの歌唱(鹿児島ローカルの歌手です^^;)
そして、我が「加治バンド」特別セッションありの、
賑やかな舞台演出付きでした。

市政報告の中身は、トント忘れる賑やかさでした^^;


2年後の市議選挙の話題もチラホラ。。
市議さんにとっても、常在戦場は議員の常なのでしょう。。
現職が落ちるなんて、たまらない事なのでしょう。。
次回も是非とも当選したいとの、熱気が伝わるパーティでした。


さてさて、面白かったのは、帰りの送迎バスでのこと・・・。

現職の市議さんやら、数回の落選を経験した父を持つその息子、、
皆さん、同じように選挙は金が掛ると嘆いておられました^^;

ここでは金額までは言えませんが、市議選でこんなに!?
っていう金額、私は小市民ゆえに、ことさらビックリの金額!

ここまでして当選して、元を取れるのか???
率直な感想としては、市議の仕事や歳費って、そこまでして魅力的?
そんな疑問が浮かんできました。。。

いや、魅力的な「何か」があるのでしょうね。。

もちろん皆さん、お金のためにこの職業を選んだ訳でなく、

元を取れなくても、この仕事が好きで、

市民の為に働くことを生き甲斐に選んだ仕事でしょうが。。


私達、事業家にとっては、投資とリターンの関係からして、
間違ってない??と、思うのですが・・・。


如何でしょう、小沢さん?
政治家になる為に、莫大なお金掛けて、
議席を守る為に、またつぎ込んで、
発言力を強める為に、さらにつぎ込んで、
それ以上のリターンが、あるのでしょうか?

否、リターンの為に、政治家目指して良いのでしょうか???



posted by BOSS at 10:55| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

多事創論−4月号−

新聞記事に「定額給付金」の文字が躍っている。。

もちろん以前から、記事中にはありました。

しかし最近、踊っているのは広告欄で^^;

航空会社のキャンペーンなど、取って付けたかのように・・・

12,000円!航空券!

確かに割(引く)るくは無い。悪くは無い。。^^;


かく言う私も、以前から制度には反対しながら、給付の申込み封筒は、

もう出しました^^;

決まった以上はもらいます・・・なにか?(−。−


反対していた理由は、いまさら言ってもしかたないのですが・・・

結局は、納税者の税金の還付みたいで、意味を見出さなかったから。


この財源の付けは誰が払うの??


子供や孫のポケットから金を引き出して使えと・・・。

子供や孫のクレジットカードで買い物をしろと、

「日本国百貨店」の麻生店長に強制させられている・・・。

まあ、そんな風に感じたから・・・。


この借金を先々、子供達が支払わされる(−。−

だから、子供の額は少し多めにしてあるのか??

うーん。考えていますね。。


しかし、それが解かっていながらもらいます。

だって、お金・・・お足・・・銭・・・給付金。

魅力ある魔性の言葉。麻薬のような香りがしても、あがないきれない。


先々、子供達が返すなら、ならば、せめて・・・

今は子供達のために使います。

せめてもの子や孫への、贖罪の気持ちを込めて

子供達のために大事に使わせて頂きます。


「さあ、息子よ!今夜はピザだ。お前のおごりだ^^;」

posted by BOSS at 12:05| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 多事創論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。